学校を出てから、元々医療系商社及びソフトウェア開発会社の営業職をしていました。そのときからロータス123、Excelは仕事のツール(見積システム等)として使い慣れていました。
簡単なマクロは使っていた程度です。60歳前に大病を患った後、介護関係の会社にお世話になりました。入社して介護事務の効率が非常に低いことを痛感しました。同じ入力を何度もし、保管はすべて紙のファイル。Excel、Wordも紙の代わりとして使うのが大半という状態でした。今までの会社とは全くちがう超アナログの世界でした。そこで今まで使い慣れてきたExcelを使って業務改善をはじめ、VBAも使わざるを得なくなったということです。日々今までの書類を効率的に使うExcelに変更してずっと作業を続けてきています。小さな会社ですので、介護事務とはいいながらすべての事務をこなさないといけないのが現状です。人手不足もありヘルパー業も行いながらの事務作業です。従って仕事の内容は介護請求、経理、総務まですべての事務及びPCのセットアップ、ネットワーク設定、VBAを使ったExcel開発まで色々なことをしています。
このサイトの立ち上げには「WEBST8 松本慶さん」にお世話になりました。ありがとうございます。