2月からの追加処遇改善加算について

今回の岸田政権の目玉政策、介護職員の待遇アップは一人月額平均9000円となっています。2月の給与から支給するなら、新年度にその分を6月に支給するということの様です。つまり、まずは事業所で負担して後で請求金額に対して上乗せ分(訪問介護では2.1%・要支援はなし)を支給すとのこと。2,3月請求分の上乗せ分を6月に振込むということか?。 今年度2月から支給する旨の申請は2月に行うようです。正式には来年度分の処遇改善分のにその支給を含めて申請ということのようです。Excelの請求ファイルでは現行の請求金額に最後上乗せ%をかけた金額と請求コードを記載して提供票別表に表記する予定。この機能を使うのは4月の請求分からと思っています。2,3月分は新年度6月に個別に支給されると思われます。(2,3月に請求はできないので・・)Excel請求ソフトではまずは総額に上乗せできる機能を作成して準備しておきます。仕様が明確になればお知らせして、ダウンロード可能なように対応する予定です。

前の記事

PADで自動化