介護請求、令和3年度対応

今年度から0.1%加算がされるようになり、加算が入っていないと返戻になるとの情報をみました。少ない請求では1点以下も出てきて、本来は四捨五入の原則からすると0点ですが、1点以下の少数点のみ切り上げということです。変更の度にプログラム変更しないといけない。正規のサービス以外に0.1%加算、処遇改善、特定処遇改善を自動で計算させているので、処遇・特定処遇は0.1%加算も加えた上、計算させた。3月末の時点では1以下は四捨五入にしていたが、返戻になるとのことで4月後半にプログラム変更した。これも半年間の特別処理の為、9月には元に戻さないといけない。何かゲームをしている感覚で点数遊びをしているようにしか思えない。先にダウンロードをした方々には対応できてなく、申し訳ありません。

令和3年度対応の請求プログラムで問題はなかったかは5月の末の返戻情報まで不明。返戻がなければすぐにお知らせする予定。
修正・機能アップ要求があればお知らせください。できるだけ対応したいと思っています。

前の記事

介護事務効率化

次の記事

令和3年度対応